ビデオに殺されるなんて…


DVD



This is for Japanese language learners.


Transcripts(日本語 字幕)


リング
Ring (Ringu)

公開: 1998年1 月31日
上映時間: 95分
製作国: 日本
言語: 日本語

監督: 中田秀夫
脚本: 高橋洋
編集: 高橋信之

音楽 : 川井憲次
主題歌 : HIIH『feels like "HEAVEN"』
撮影 : 林淳一郎
配給 :  東宝

キャ スト
  • 浅川玲子 -  松嶋菜々子
  • 高山竜司 - 真田広之
  • 高野舞 - 中谷美紀
  • 山村貞子 - 白井ちひろ(少女期)、伊野尾理枝(成人期)、宮崎紀彦(目のアップ)
  • 山村敬 - 沼田曜一
  • 山村志津子 - 雅子
  • 伊熊平八郎 - 伴大介
  • 浅川浩一 - 村松克己
  • 浅川陽一 - 大高力也
  • 大石智子 - 竹内結子
  • 大石良美 -しみず霧子
  • 倉橋雅美 - 佐藤仁美
  • 吉野 - 松重豊
  • 小宮カメラマン - 李鐘浩
  • 岡崎 - 柳ユーレイ




9月5日 日曜日

雅美:
小学生の男の子がさ、家族で伊豆のペンションに泊まったんだって
その子さ、みんなと遊びたいんだけど、東京でいつも見てる番組も見逃したくなくって
ペンションにあったデッキで予約録画したんだって
でもあっちって、東京とチャンネルが違うでしょ?
そのチャンネル、空きチャンネルだったから何にも映るはずないわけ
それが、家に帰って見たら、いきなり女の人が映って…
「お前は一週間後に死ぬ!」って
びっくりしてビデオとめたら電話がかかってきて…
「見ただろ。」
その子一週間経った同じ時間に死んじゃったんだって
あははは!
どうしたの、智子?

智子:
それ、誰から聞いた?

雅美:
誰って、みんな噂してるよ

智子:
陽子?

雅美:
ううん、陽子じゃない
なーによ

智子:
この間さ、変なビデオ見ちゃって

雅美:
どこで?

智子:
陽子たちと

雅美:
それって泊まりに行ったって話?岩田君たちと

智子:
なんにもなかったわよ
…そん時さ、岩田君が変なビデオ見つけて、何だろうってみんなで見ちゃったの

雅美:
…どんな?

智子:
うまく言えないけど、ちょうどそれ見終わったとき電話がかかってきて
無言電話だったみたいだけど

雅美:
やだ…

智子:
みんなもあの噂知ってたからさ
今日で一週間なの…

雅美:
ちょっと…
あたしを脅かそうとしてるんでしょ?

智子:
わかった?

雅美:
もー信じらんなーい!

智子:
やーい騙されてやんの

雅美:
どこまで本当なの?岩田君たちと泊まったんでしょ?
どこまで行って何やったの?

智子:
いや知らない

雅美:
白状しろ!

智子:
内緒!

雅美:
興奮したんだ?

雅美:
…本当なの?

智子:
雅美! 雅美!

雅美:
もしもし
…今かわります

智子:
はい
なーんだ
うん、今友達来てる
うん、わかった
はいはい
ナイター延長で帰り遅れるって

智子:
もう。人騒がせな親

雅美:
こっちが言いたいよ
明日もみんなに言ってやるからね
トイレ行ってくる
まだ上に行かないでよ?

智子:
うん。

TVナイター中継:
マウンド上3番手 高津。

***

玲子:
呪いのビデオってあるじゃない 
最近結構噂されてる

女子生徒A:
うん

玲子:
どんなビデオか聞いたことある?

女子生徒A:
うん

岡崎:
あ、カメラのほう見ないでね

女子生徒A:
すみません

玲子:
もう一回ね
どんなビデオか聞いたことある?

女子生徒A:
私が聞いたのは、なんかいきなり怖い女の人が映って「お前は一週間後に死ぬ!」って、そういうのなんですけど

女子生徒B:
深夜番組見てたらいきなり映って、それで電話がかかってくるんだって

玲子:
深夜番組ってどこの局とかあるの?

女子生徒B:
私が聞いたのは、伊豆のほうの地方局とか…

玲子:
伊豆のほう?

女子生徒B:
うん

玲子:
それで一週間後に死ぬって、誰か本当に死んだ人がいるの?

女子生徒A:
私たちの周りにはいないよね

女子生徒C:
うん…

玲子:
何?

女子生徒C:
高校行ってる先輩から聞いたんだけど、ビデオ見た子がいて、その子、彼氏と車でデートしてて死んだって

玲子:
事故?

女子生徒C:
ううん、停めてる車の中で二人とも
彼氏もビデオ見てたんだって
本当、2・3日前の新聞にも載ってたし

玲子:
高校の名前とか分かるかな?

女子生徒C:
ううん、先輩の高校じゃないから。先輩も友達から聞いたって

***

岡崎:
浅川さん

玲子:
はい

岡崎:
これ

玲子:
ありがとう。はい

岡崎:
十年ぐらい前にもありましたよね
アイドルが自殺してその幽霊が歌番組に映ったって

玲子:
ああ、でも今度の噂は何かしら
誰に聞いても伊豆のほうっていうでしょ?

岡崎:
ああ、じゃその辺がルーツってことかな?
口裂け女はどこでしたっけ?

玲子:
岐阜だっていうけど、たしかあの辺で大きな事故があって、それが噂を生んだって

岡崎:
大きな事故?

玲子:
うん
噂を生み出すのはそういう忌まわしい死の記憶だって聞いたことがある

岡崎:
じゃ伊豆でも何か?

玲子:
あー、どうかな?
じゃ、ごめんなさい!
お疲れさま

岡崎:
お疲れさま


横浜市で車中から
若い男女の変死体

六日午前十時ごろ、横浜市の県道沿いの空き地に駐車中の乗用車の中で、若い男女二人が死亡しているのが発見された。
神奈川県警横浜署の調べで、死んでいたのは、東京都内に住む予備校生(19)と横浜市の私立女子高生(17)と判明した。
二人に外傷がないことから、薬物による自殺の可能性もあり、詳しい死因を調べている。



男性:
じゃあ、岡崎、頼んだぞ

岡崎:
はい
あれ?
浅川さん、今日は早く上がるんじゃ…

玲子:
岡崎君、ちょっと頼んでいい?

岡崎:
はい

玲子:
この高校名調べてくれる?

岡崎:
ええ、いいですけど

玲子:
わかったら連絡ちょうだい

岡崎:
はい

***

玲子:
陽一!
ごめん!
あ、もう着替えた?

陽一:
うん、服だしといた

玲子:
悪い悪い
急がなきゃね
おじいちゃんから電話あった?

陽一:
なあい
智ちゃん、なんで死んだの?

玲子:
さあ…
難しい病気みたいねぇ
後ろお願い

陽一:
若くても死ぬの?

玲子:
そういう病気もあるの
いい? そんなこと向こうのおうちで言っちゃだめよ
おばさんたちもっと辛いんだから

陽一:
うん

玲子:
よく遊んでもらったもんね

***

玲子:
お父さん
姉さんは?

父:
奥で休ませてる。まだそっとしておいた方がいい

玲子:
じゃあ私、叔母さんたちに

父:
あ、陽一はね、ちょっとここに座ってなさい

xxx:
失礼します

[女性]:
玲子ちゃん、ちょっと…
智ちゃんの死因、何だかわかったの?

玲子:
いいえ、私は…

[女性]:
だって警察で解剖までしたんでしょ?

玲子:
でも事件性はないって

[女性]:
普通の死に方じゃないわよ
お棺をいっぺんも開けようとしないの
おかしいと思わない?



玲子:
陽一
駄目じゃない、勝手に入っちゃ
ほら、下にいなさい

陽一:
うん

玲子:
先、下りてて

陽一:
うん

玲子:
もしもし

岡崎:
あ、岡崎です
さっきの高校の名前、わかりました
えー、横浜市の聖啓女子学園です

玲子:
ありがとう…



御霊燈
聖啓女子学園
生徒一同

女子生徒:
陽子もでしょ?
そうだよ。岩田君だって一緒かなぁ
ビデオ見ただけじゃあ…

玲子:
ごめんなさい
変なこと聞くみたいだけど
車の中で死んでた子のお友達?
何か知ってることがあったら…

女子生徒A:
みんな同じ日に死んだの
陽子も智子も。岩田君もバイクで事故って

女子生徒B:
ビデオを見たから

玲子:
ビデオって?

女子生徒B:
陽子が言ってたの
みんなで変なビデオを見たって
見終わったら電話がかかってきて

玲子:
智子ちゃんも見たの?
どこで?

女子生徒B:
みんなでどこか泊まりに行って

女子生徒A:
智子が死んだ時、一緒だった子がいて
おかしくなって入院してるって
絶対テレビのあるとこ行かないんだって

***

[男性]:
死体で見つかったのは、女が辻 陽子。聖啓女子学園3年、17歳
男が能美 武彦。予備校生、19歳
ドアは両側ともしっかりロックされてた
こんな死に顔、初めて見たよ

玲子:
死因は?

[男性]:
わからない
突然の心臓停止ってことしか

玲子:
薬物とか?

[男性]:
いや、解剖したけど何も出なかったそうだ
これからエッチしようって二人が一度に死んだってわけよ
わけ分かんないだろ?

***

[よしみ]:
陽ちゃん、来てくれたんだって

玲子:
うん

[よしみ]:
昔よく二階で遊んでたわね

玲子:
そうね


[よしみ]:
智子はここで死んでたの
(智子!!)

***

玲子:
伊豆のほう…



玲子:
今日さ、帰り遅くなるかもしれないから、晩ご飯チンして食べんのよ。わかった?

陽一:
うん
お母さん
智ちゃん、呪いのビデオ見たんだよ

玲子:
どうしてそんなこと言うの?
駄目よ、学校でそんな話しちゃ

陽一:
しないよ
いってきます

9月13日 月曜日

***

玲子:
そんなばかなこと…

テレビ:
xxx thing. xxx all of you. 初心者でも、インストラクターが丁寧に指導。

玲子:
「おとうさんはでぶです
おかあさんはでぶです
だからぼくもでぶです」



[ペンションの主]:
お一人なんですか

玲子:
ええ、ちょっと仕事で
あの…

[ペンションの主]:
ん?

玲子:
8月29日(にじゅうくにち)に泊まってるはずなんですけど
4人連れで
何か気付かれたことがあったら

[ペンションの主]:
ちょっと待っててね
8月29日ね

玲子:
それ…

[ペンションの主]:
ん?

玲子:
それ
何のテープですか

[ペンションの主]:
これ?
んー、お客さんの忘れ物かな

xx山が噴火
地元住民に警戒促す




玲子:
一週間…!

***

9月14日 火曜日

竜司:
陽一はもう小学校か

玲子:
1年生
竜司さん、最近どうしてるの

竜司:
相変わらずだよ

玲子:
収入は?

竜司:
大学で教えてる
それで? 電話がかかってきたって?

玲子:
ええ

竜司:
じゃあ、俺が見終わったらここの電話が鳴るわけだ

玲子:
4人死んでるのよ
同じ日に

竜司:
だったらお祓いでもすればいい

玲子:
私を撮って

竜司:
こっち向けよ

玲子:
早く撮って

竜司:
終わった

竜司:
ふん、鳴らないな
ダビングしといてくれ
中身を調べたい
まだ死ぬと決まったわけじゃない
それはビデオだ、作った奴がいる

玲子:
宿泊客を当たってみるわ
それから電波ジャックの可能性ね

***

岡崎:
支局からです

玲子:
ありがとう

岡崎:
宿泊客のリストなんてどうするんですか

玲子:
あ、ごめん
ちょっと一人で調べたいことがあって

***

竜司:
お前なのか
お前がやったのか

***

竜司:
悪い

玲子:
どうしたの?

竜司:
いや…

竜司:
どうだった?

玲子:
宿泊客にテープを持ち込んだ人はいなかったわ
もちろん素直に認めるわけないけど
電話で話した感じではみんなまとも

竜司:
電波ジャックのほうは?

玲子:
伊豆一帯で違法電波が流れた形跡はないわ
ダビングしたテープ

竜司:
浅川
この女に見覚えは?

玲子:
いいえ
この画面、妙だわ
この角度から鏡を撮れば、カメラマンが写るはずよ

竜司:
どういうことだ?

玲子:
さあ…
プロの技術ならもちろん修正できるけど

竜司:
噴火…
どこの噴火だ?

玲子:
民生用のモニターじゃ無理ね

竜司:
入れよ
高野君だ、俺の教え子
浅川、元女房

高野:
どうも、高野です

玲子:
浅川です

高野:
先生、出版部の人が論文の締め切り…

竜司:
なんであいつらお前に言うんだよ

高野:
先生、捉まらないから

竜司:
一週間延びるって言ってくれ

高野:
えー?
先生、自分で言ってくださいよ

竜司:
わかった、わかった

***

竜司:
無理か…
さ…だ…(貞)
陽一はいいのか

玲子:
あの子は慣れてるから

竜司:
こいつを作った奴は、無意識にしろ手がかりを残してるはずだ
突き止めてもらいたがってる
待てよ
「しょうもんばかり、亡魂が来るぞ]
そう聞こえたか?

玲子:
何なの?

竜司:
明日調べてみる

***

9月16日 木曜日

女子生徒A(テレビ):
「お前は一週間後に死ぬ!」って、そういうのなんですけど

女子生徒B(テレビ):
深夜番組見てたらいきなり映って、それで電話がかかってくるんだって

玲子(テレビ):
深夜番組ってどこの局とかあるの?

女子生徒B(テレビ):
私が聞いたのは、伊豆のほうの地方局とか…

玲子(テレビ):
伊豆のほう?

女子生徒B(テレビ):
うん

玲子:
もしもし

竜司:
わかったぞ
やっぱり方言だった
「しょうもん」は水遊び、「ぼうこん(亡魂)」は化け物のことだ

玲子:
どこの方言なの?

竜司:
大島だよ
噴火は三原山だ

***

玲子:
もしもし、陽一?
今夜も遅くなるから
うん
一人でできるでしょ?
ごめんね…

三原山が噴火
地元住民に警戒促す

玲子:
これよ
でもこんな古い記事…

差木地の女性 噴火を予知?

玲子:
どうしたの?

竜司:
大島にお前の局の奴いるか

玲子:
いると思うけど
通信員を置いてるはずだから

竜司:
連絡先を教えてくれ
今夜中に

玲子:
何なのよ!

竜司:
お前はあと4日しかない
動くなら俺とその通信員で十分だ
陽一のそばにいてやってくれ

***

陽一:
おじいちゃん!

おじいちゃん:
よう!よく来たな

9月17日 金曜日

玲子:
陽一、おじいちゃんとお魚獲りたいんだって

おじいちゃん:
おー、そうかそうか

陽一:
早く行こうよ!

おじいちゃん:
よーしよーし
じゃあ、支度してな
それから出かけよう

陽一:
うん!

おじいちゃん:
ほら、そこだ、そこそこそこ…
逃がすな逃がすな、ほれ
ああ、そっちだ、そっちだ、ほれ
そっち、そっち、そっち、あー
あー、駄目だあ

陽一:
おじいちゃん、全然へたくそ!

おじいちゃん:
よーし、もう一回いくぞ

陽一:
おじいちゃん、今度はここでやろう

おじいちゃん:
おーし



陽一:
んー、お帰り

玲子:
もしもし?

竜司:
ああ、大島の通信員に調べてもらったよ
噴火を予知したのはたぶんビデオの女だ
名前は山村志津子
三原山に身を投げて死んだそうだ
40年前に

玲子:
じゃあ、手がかりは?

竜司:
直接現地に当たるしかない
明日、大島に行ってくる

玲子:
大島?!
あたしはあと3日しかないのよ

竜司:
わかってるよ
俺はあと4日だ
また連絡する

おじいちゃん:
どうかしたのか?

玲子:
ううん、ちょっと仕事が残ってて



智子:
おばさん

玲子:
陽一…
陽一、お前が持ってきたの!?
そうなのね!
どうして!

陽一:
智ちゃんが…
智ちゃんが、見ろって

***

竜司:
俺の不注意だよ
お前のうちに行ったとき、何かいるって感じた
ビデオのせいだと思ってた

玲子:
智ちゃんが?

竜司:
もう智子じゃない

玲子:
陽一にも見えるのね
全部あたしのせいよね
智ちゃんが死んで、ほかの3人も死んで
それで終わるはずだったのに

竜司:
どうかな

玲子:
あの噂、どこから来たの?

竜司:
最初に言い出した奴なんかいない
みんなが不安に思ったことが噂になる

玲子:
不安…

竜司:
あるいは、そうなって欲しいって期待かな

***

玲子:
早津(はやつ)さんですか?

早津:
いやー、どうもどうも
遠いところを
さあ

9月18日 土曜日

早津:
差木地(さしきじ)の山村さんもね、昔は大きな網元だったんですが
今はもうほとんど手放しちまって
志津子のいとこにあたるじいさんがまだ生きてましてね
息子夫婦が旅館をやってます
お泊りは一応そちらに手配しておきましたが

玲子:
山村志津子はなんで自殺したの?

竜司:
気が触れた(ふれた)って話らしい
マスコミに酷いこと書かれて
志津子は噴火を予知して島中の評判になったんだ
以前から不思議な力があったらしい
千里眼ってやつだ
そのうち物好きな学者が現れた
お前も聞いたことあるだろう
井熊平八郎(いくまへいはちろう)

玲子:
追放された人?

竜司:
井熊博士は志津子を東京に連れ出して実験を繰り返した
超能力の実在を証明しようとしたんだ
マスコミはさんざんもて囃(はや)して、それから叩き潰した
40年も前だが、マスコミのやることは変わらない

玲子:
その話なら聞いたことがあるわ
でも確か… 実験のとき人が死んだって

竜司:
井熊博士が大学を追放されてからの足取りはさっぱり掴めない
たぶんもう生きちゃいないだろう

玲子:
博士を探してどうするの?

竜司:
志津子には娘がいたはずだ

***

早津:
ごめんください!
あ、どうも

旅館の人:
どうも、いらっしゃいませ

早津:
じゃ、私はこれで

旅館の人:
どうぞ
あの、お部屋は?

竜司:
あ、別々で

旅館の人:
はい
こちらです
あの…!
どうぞ

玲子:
待ってください
お願いです
志津子さんのことを聞かせてください

山村敬(やまむら・けい?):
話すことは何もない

玲子:
志津子さんには娘さんが

敬:
そんなものはいない



竜司:
食わないのか?

玲子:
ねえ

竜司:
ん?

玲子:
私が死ぬ時、一緒にいて

竜司:
よせよ

玲子:
ねえ、ねえ!
それで… それで助かり方がわかるなら陽一を!

竜司:
よせって!
智子と一緒にいた子は気が触れちまったんだろ
俺だってどうなるかわからない

玲子:
竜司さんなら大丈夫よ

竜司:
俺がまともじゃないからか?
だったら親子揃って、この血を絶やすか?
それもいい
陽一を産んだのは間違いだったんだ

玲子:
やめて!!

竜司:
あと2日ある

旅館の人:
失礼します

竜司:
どうぞ

旅館の人:
あの…
志津子さんのことなんですけど
こんなもんしか…

竜司:
この人が井熊博士?

旅館の人:
ええ
あたしがこのうちに来る前のことだから
じゃあ

竜司:
ありがとう

しょうもんばかり、亡魂(ぼうこん)が来るぞ

***

9月19日 日曜日

敬:
あんたら、早う帰った方がええ
今夜はたぶん、海が荒れる

竜司:
志津子さんはどんな子だったんですか?

敬:
変わってたよ
このあたりに日がな一日座り込んで、
毎日毎日ぼーっと海ばっかり見とった
漁師は皆毛嫌いをしておった
海は俺たちにとっちゃ不吉な場所だ
毎年、何人も仲間が飲み込まれる
そんなおっかないもん眺めとったら…

竜司:
「ショウモンばかりしてるとボウコンがくるぞ」
水遊びばかりしてると化け物が来る
志津子さんは人の心が読めたんでしょう
その人が一番知られたくないことがわかったり
つらかったはずだ

敬:
帰ってくれ!

竜司:
僕にも少し、そういう力があるんです
志津子の力を宣伝して回ったのはあんたでしょう
井熊博士を呼んだのもあんた

敬:
何を言う!

竜司:
あんたは志津子で金儲けができると思った
新聞社からも金をもらった

敬:
いい加減にしろ!

竜司:
志津子の娘のことを話してくれ
娘はどうなった?

敬:
知らん!

竜司:
志津子と一緒にいたはずだ
あんたはそこにいた
志津子の実験に立ち会っていた

実験の人:
的中
的中
的中
的中
的中

記者:
いかさまだ!
これは手品だ
しかも低級な手品だ
俺は騙されんぞ
井熊博士、あんた騙されてんだよ
あんたは我々を馬鹿にしてる
おい、どうした!
死んでる…
ばけもんだ!

志津子:
貞子! お前の…!?

竜司:
貞子?
貞子が殺したのか?
念じるだけで人を殺せるのか?

敬:
あいつは…ばけもんだ

志津子:
貞子!

竜司:
おい!

***

玲子:
そう
山村志津子が自殺したあと、井熊博士が娘の貞子を引き取ったの
でも二人がどこに行ったのか音信不通でわからないの
とにかく二人の行方を突き止めて
博士はもう死んでるとしても、山村貞子はまだ40代よ
訳は後で話すから、急いで

竜司:
たぶん貞子も生きちゃいない
貞子は念じるだけで人が殺せた
母親とは桁違いの力を持っていた

玲子:
じゃあ、あのビデオは?

竜司:
この世のものじゃあない
貞子の…怨念そのものだ
俺たちは呪いをかけられたんだ

?:
駄目ですよ
台風が近づいてる
船は当分欠航です

竜司:
漁船をあたってくれ
金は払う

?:
漁船って言ったって
台風の進路がそれるかもしれませんから、
もう少し様子を見た方が――

竜司:
いい!俺が探す

?:
高山さん!
高山さん!



玲子:
はい

岡崎:
浅川さんですか
駄目です
足取りはさっぱり掴めません
もしもし?

玲子:
ありがとう…

陽一…
伊豆の…

竜司さん!
竜司さん!
私のうちの電話は鳴らなかった
電話が鳴ったのはあの貸し別荘だけよ
博士はきっと…

竜司:
俺たちは足止めだ

?:
無茶なんですよ
こんな日に船を出すなんて

敬:
船は俺が出す
貞子が呼んでるんだろ
もっとも海に引きずり込む気かもしれん

竜司:
出してくれ



玲子:
変ね
少しも怖くない

竜司:
たぶん貞子はあそこで死んでる
貸し別荘が建つ前に

玲子:
貞子は伊熊博士の娘なの?

竜司:
博士は妻子持ちだったからな
志津子との関係はスキャンダルだった
大学を追われたのは、そのせいもあるらしい
貞子の死体を見つけてやろう

玲子:
それで呪いは解けるの?
陽一も助かるの?

竜司:
出来ることはもうそれだけだ

玲子:
あと1日ね

***

竜司:
貞子に怨まれてなかったみたいだな

敬:
志津子は海と喋ってた
なにやらぶつぶつぶつぶつ、楽しそうに
俺は隠れて聞いてたことがある
人間の言葉じゃなかった

9月20日 月曜日

***

陽一:
もしもし

玲子:
陽一?
お母さん、明日には帰るから

陽一:
もう飽きちゃったよ
早く学校行きたい

玲子:
そんなこと言ったら、おじいちゃんに悪いでしょ?

陽一:
おじいちゃん笑ってる
代わる?

玲子:
ううん
ごめんね…
早く帰るから

陽一:
どうしたの?

玲子:
お母さん、まだ用事があるから
おじいちゃんによろしくって。 …ね?

竜司:
ビデオを見たのは何時だった?

玲子:
午後7時7分、8分…10分は超えてない

竜司:
噂どおりなら、それがリミットだ

***

竜司:
ここだ

竜司:
やっぱり井戸だ

玲子:
井戸…

玲子:
父親が…!

竜司:
博士が蓋をしたんだ
貞子はこの中にいる

竜司:
俺が下りる
貞子は生きてたんだ…這い上がろうとして…
バケツを降ろせ!
上げろ
上げろ
上げろ

玲子:
もう6時よ

竜司:
わかってる、早く上げろ!
上げろ
浅川!
バカ野郎! 俺を殺す気か!
おい!
浅川
交代だ
お前が引き上げるのはもう無理だ

玲子:
いやよ!

竜司:
じゃ、誰がバケツを引き上げる?

玲子:
こんなことして助かるかどうか…

竜司:
陽一はどうなる!
迎えに行くんだろ!
下を見るな

玲子:
どこにいるの
出てきて
お願い、どこにいるの

あなたが…

竜司:
おい、浅川!
もう7時を回ったぞ
10分過ぎだ
助かったんだ!

***

玲子:
博士はなぜ貞子を殺したの?
自分の娘を

竜司:
娘じゃなかったのかも知れない

玲子:
え?

竜司:
貞子の父親は人間だったのか…(いや、恐らく人間ではなかっただろう)
消えたな
もうよそう
送ってくよ

***

竜司:
ゆっくり休めよ
俺は論文の締め切りだ

玲子:
ありがとう

***

竜司:
まったく



9月21日 火曜日

竜司:
なんで?!
そうか
浅川!

***

警官:
住民の方ですか

玲子:
高山竜司の妻です

警官:
ご遺体はもう運び出されておりますが

玲子:
何があったの!

高野:
私が来たら先生、倒れてて…

玲子:
あなたに何か言い残さなかった?
ビデオのこととか

高野:
先生の顔…!

玲子:
竜司さん、どうして…?
陽一も死ぬの?
呪いは解けてないの?
どうして私だけ助かったの?



玲子:
私だけが貞子の呪いを解いてた
竜司さん、何なの?
私がして、あなたがしなかったこと
私がして、あなたがしなかったこと
竜司さん…
私がして、あなたがしなかったこと
呪いを解くには…
ダビングして…見せた…

***

玲子:
お父さん?
うん、今からそっちに行くから
お願いがあるの
陽一のためなの

女子生徒A:
呪いのビデオってさ、死なない方法があるんだって
一週間以内にダビングしてほかの人に見せるの

女子生徒B:
じゃあ、見せられた人は?

女子生徒A:
またダビングして見せるのよ、一週間以内に

女子生徒C:
それじゃあきりないじゃん

女子生徒A:
そうそう、きりないのよ
でも死にたくなかったら… やるでしょ?

9月22日 水曜日