にゅう:ああ!
ゆか:にゅうちゃん!
にゅう:にゅう…
なな:ええっ?
にゅう:こうた!
ナナ:ふざけないでよ!もうあの時みたいにはいかないんだから!
なな:ふざけないでよ!もうあのときみたいにはいかないんだから!
まゆ:にゅうさん!
ゆか:にゅうちゃんだいじょうぶ?にゅうちゃんってば!
なな:なんで……
こうた:おい!
なな:あぁっ!なにすんのよいきなり!
こうた:それはこっちのせりふだろ!おまえ、どういうつもり……
まゆ:ごめんなさい、こんなことになるなんてごめんなさい、こうたさん、ごめんなさい
なな:どうして…… どうしてよ!わるいのはそのひとだよ、どうしてみんなルーシーさんをかばうの!
まゆ:るーしー…?
なな:すごくわるいひとなんだよ?!どうして、なにもわるくないよ。なな、わるくないもん!
ゆか:にゅうちゃん、ねえ、へんじして!
こうた:あ、どうした?!
ゆか:きをうしなっちゃったみたいで
こうた:おい、にゅう、しっかりしろ!
まゆ:あ、あの…。あっ、ななさん!
なな:なな、なにもわるくないよ……なにも、わるくないのに……
まゆ:かばん、わすれてますよ
なな:いらない!
まゆ:え……
なな:まゆなんてきらい!みんなでななをわるものにして……はなして!
まゆ:だめです!
なな:はなしてってばぁ!
(すぽんっ)
なな & まゆ:あぁーっ!
まゆ:ん…ん?うわああああ!あああ、あわあ、ああわあー!
まゆ:わるいのはななさんじゃないですか……いきなりにゅうさんにあんなことを……
なな:だって、あのひとはすごくわるいひとなんだよ!
まゆ:あの、さっきにゅうさんのことルーシーさんって言ってましたよね。
まゆ:あの、さっき にゅうさん のこと るーしーさん っていってましたよね。
なな:ふんっ
荒川:はあーあ……。うぅっ…ぅぐっ。最っ低。もう二度とこんなの乗んない。
あらかわ:はあーあ……。うぅっ…ぅぐっ。さいってー。もうにどとこんなののんない。
白河:お待ちしておりました。
しらかわ:おまちしておりました。
荒川:何で私がわざわざこんな物届けなきゃ……。取りに来れば済む話じゃない?これじゃほとんど、拉致じゃないのよ。あーあ、これで何日お風呂に入ってないんだろう。
あらかわ:なんでわたしがわざわざこんなものとどけなきゃ……。とりにくればすむはなしじゃない?これじゃほとんど、らちじゃないのよ。あーあ、これでなんにちおふろにはいってないんだろう。
白河:角沢長官がお待ちです。
しらかわ:かくざわちょうかんがおまちです。
角沢長官:確かに。
かくざわちょうかん:たしかに。
あらかわ:これでかいけつしたでしょ。とっととかえしてくんない?
角沢長官:帰る?
かくざわ:かえる?
あらかわ:ほんとうなら おくやみ をいうところ なんでしょうけどねえ…。でも、わたしだっていきなりこんなところによびつけられて、
かくざわ:おくやみをいうのはこっちのほうだ
あらかわ:はあ?な、なに?!ちょ、ちょっと!あぶないからおろしなさいよぉ、ねえ!ちょっとあんた、しかとこいてんじゃなくてさあ!
かくざわ:きみはこれをみた。
あらかわ:これって、つののこと?
かくざわ:だから、きみをのうのうといかしておくわけにはいかない
あらかわ:じょうだんでしょう?
まゆ:う、うそ…。そんな、にゅうさんが。
ナナ:ホントだよ。研究所を逃げ出して。沢山の人を殺して。探しに来た私の手足も、それで。
なな:ほんとだよ。けんきゅうしょをにげだして。たくさんのひとをころして。さがしにきた、わたしのてあしも、それで。
マユ:そんなこと、信じられません。
まゆ:そんなこと、しんじられません。
ナナ:あたし達、普通の人間じゃないんだよ。角が生えてるだけじゃなくて。
なな:あたしたち、ふつうのにんげんじゃないんだよ。つのがはえてるだけじゃなくて。
まゆ:な、なに…。
ナナ:教えてあげる。
なな:おしえてあげる。
荒川:ほ、ホントに撃った…。
あらかわ:ほ、ほんとにうった…。
角沢長官:死にたくないだろう…。
かくざわ:しにたく ないだろう…。
荒川:当たり前の事聞かないでよ!あっ、血、出すぎ…。
あらかわ:あたりまえの こと きかないでよ!あっ、ち、ですぎ…。
角沢長官:では素直に私に従いたまえ。
かくざわ:ではすなおにわたしにしたがいたまえ。
あらかわ:はあ?
かくざわ:まず しつもん に こたえてもらおうか。もうひとりはだれだ?
あらかわ:な、なんのはなし?
かくざわ:むすこのしたいを みた じんぶつだよ。げんばで おまえいがいの じんぶつのあしあとを かくにんしている。
あらかわ:た、たしかにもうひとりいたわ…。せんせいをたずねてきたがくせいよ。
かくざわ:なまえは?
あらかわ:あんなことがあって、かおだって ろくに おぼえてないわよ。なまえ なんてなおさら…。きもちわる…、ぐぅっ。
かくざわちょうかん:そうか、ざんねんだ。むすこから ゆうしゅうな かがくしゃ と きいてたんだが。
あらかわ:ぁ…おもいだした。あのこ、せんせいにあずけた、おんなのこをさがしにきたのよ。
かくざわちょうかん:おんなのこだと?
あらかわ:わたしたちがいったときは、もう、いなかった、けど。
荒川:私、こんなとこで処女のまま朽ち果てるわけ…?そんなの全然…納得、行か…
あらかわ:わたし、こんなとこでしょじょのままくちはてるわけ…?そんなのぜんぜん…なっとく、いか…
かくざわちょうかん:しらかわ。
白河:っ、はい。長官室です。至急医療班を。
しらかわ:っ、はい。ちょうかんしつ です。しきゅう いりょうはんを。
あらかわ:たすけて、くれるの?
かくざわちょうかん:ただし、わたしにきょうりょくしてもらうよ。むすこにかわってね。
なな:わたしたち、うまれたときから あなたたちとはちがう てを もってるの。
マユ:手?
まゆ:て?
ナナ:この手は4つあって、だからナナは、パパから貰った手足を動かせるんだけどね。
なな:このては4つあって、だから ななは、ぱぱからもらった てあし をうごかせるんだけどね。
まゆ:あれ、ゆめじゃなかったんだ…。じゃあ、あのおじさんのいってたことも…。
なな:おどろいた?でも、ななは るーしーさん とはちがうもん。ぜったいにわるいことなんか……。あーっ、ぱぱにひみつっていわれてたのに!はなしちゃった!…どーしよーー!
まゆ:あ、あの…。
なな:な、なにー?
まゆ:にゅうさん、ぜんぜんわるいひとじゃないですよ。ふつうじゃない くらい すなおで、いつもたのしそうで。いっしょにいると、わたしまでたのしいし…。その、「て」っていうのも、だしたこともないし…ほんとです!にゅうさん、ななさんのいっているひととぜんぜん!
なな:なんでかなあ…。まちがいなくあのひと、るーしーさんなのに…。けはいがぜんぜんかんじられなくて。ななのしってるるーしーさんとちがうんだー…。でも、いまならかんたんにやっつけられるよね。
まゆ:ななさん!
なな:わかんない、わかんないよぉ!はんげきしてこないってわかってるひととたたかえないし!ぱぱあ!どうすればいいの?
まゆ:ななさん…
ゆか:ねつ、さがんないよ。どうする?
こうた:なぐられたせいだけじゃ、ないみたいだな。
ゆか:びょうき だったら、びょういんに つれていかないと…。
あらき:つのがはえたにんげんは、そく かくりされちゃうし。そしたら…。
こうた:でも、びょういんは。
ゆか:にゅうちゃんがめをさましたよ!
こうた:にゅう!
なな:ああっ!
こうた:よかった、おれがわかるか?
るーしー:こうた…。
まゆ:ななさん?ななさん、どうしたんですか?
なな:おきた…。
蔵馬:角沢教授の助手とはいえ、部外者をここに引き入れるとは。長官は何をお考えなのです?
くらま:かくざわきょうじゅのじょしゅとはいえ、ぶがいしゃをここにひきいれるとは。ちょうかんはなにをおかんがえなのです?
角沢長官:彼女は息子の研究を全て把握している。
かくざわ:かのじょはむすこのけんきゅうをすべてはあくしている。
蔵馬:レトロウイルスワクチン開発は、外部機関で十分可能なはずです。
くらま:れとろういるすわくちんかいはつは、がいぶきかんでじゅうぶんかのうなはずです。
かくざわ:わくちんね。ふぅっははっは。わたしがほしいのはわくちんではない。ういるすそのものなんだよ。
くらま:いとが…はかりかねますが。
かくざわ:るーしーをちょうてんに、しんじんるいのさいせいをはかる。
くらま:ちょうかん、あなたは…。
かくざわ:じんるいという しゅ は、かくじつにしゅうえんにむかっている。いや、むかわねばならん。るーしーがよにあらわれたのがそのあかしだ。わたしは かみ の だいこうしゃ なのだよ。
くらま:ばかな…。
かくざわ:いったはずだ。かんちがいするなよ、くらま。わたしへのおんぎをわすれたか。きさまはわたしに ちゅうじつ であらねばならん。ななばんをにがしたそうだな。
かくざわ:7ばんのしょり、およびるーしーのほかくは35ばんをつかう。そむいたつみは、その おんぎ によってあがなってもらおうか。
こうた:にゅう、どこか、いたいところないか?
るーしー:……。
こうた:お、おい、どこいくんだよ!
るーしー:また、きおくがとんでる…。
ユカ:トイレ、かなあ?
ゆか:といれ、かなあ?
コウタ:トイレはそっちじゃないだろー。
こうた:といれ はそっちじゃないだろー。
るーしー:ばかなむすめをこらしめにいく。
こうた:ああ!ばかはおまえだ。おとなしくねてなきゃだめだろ。
るーしー:こうた…。
ゆか:じゃあ、うちからおくすりとってくるね。
コウタ:熱冷ましだけでも、あれば。
こうた:ねつさましだけでも、あれば。
ゆか:わかってる。じゃあ、あとおねがい。
こうた:うん、たのむよ。
ゆか:にゅうちゃん、またえっちなことしちゃだめよ。
こうた:おれが、ついてるからな。あんしんして、ねなよ。はやく、ねつさまさなきゃな。
じょせいのこえ:はやく、ねつさましましょうね。
はなしごえ:あのこ、またねつだしてるの?いいかげんにしてほしいわよ…。あたし、このあとやくそくがあったのに…。ぜんぜんこどもらしくないじゃない。うすきみわるいし。それにあの つの みたいなの、なんなのかしら。ほかのこも、おなじへやになりたがらないのよね。
ルーシー:心配してくれるのか。大丈夫、一人でいるのはなれている。寂しくなんてない。さびしくなんて、ないからっ…。
るーしー:しんぱいしてくれるのか。だいじょうぶだ、ひとりでいるのはなれている。さびしくなんてない。さびしくなんてないからっ…。
ともお:おい つのぉ、おまえだよ、おまえ。どうしたんだ、そのかばん。ぎゅうにゅう まみれで くさいっつーの。
いじめっこA:へんじくらいしろっつーの!
るーしー:わあっ
いじめっこたち:あっはっはっはっはっは!
ともお:きいたぞー、おまえぞうきばやしですてられてたんだってなあ。そりゃつのなんかはえてりゃ、すてられるよなあ。よっと。
いじめっこ:おまえにんげんじゃなくって、おになんかのこどもじゃねーのー。せんせいたちもうすきみわるいっていってたよな。
しょうじょ:せんせえ、またともおくんがいじめてます!
ともお:やべ!にげろ!
しょうじょ:おんなのこいじめるなんてさいてい!ねえ、だいじょうぶ?わあ…かばんぎゅうにゅうまみれだよ、ひどいことするなあ…。
るーしー:ここにいるこどもはみんなふこうだ。
しょうじょ:ええ、なに…?
るーしー:じぶんがふこうだから、じぶんよりふこうなものがひつようなんだろう。
しょうじょ:ああっ、まってよぉ!これでかわかせばだいじょうぶかな。ねえ、いつもひとりでいないでさ。こまったことがあったら、なんでもあたしにはなしてよ。きっと、ちからになるからさ。
るーしー:ずいぶん、おなかがすいてたんだな。おまえがいなかったら、わたしは、とっくにくじけていたかもしれない。
いぬ:ワン!
るーしー:すまない、ほかに、たべさせてやるものがないんだ。やっぱり、きゅうしょくはんぶんじゃ足りないか。
るーしー:おなかがすいても、ぜったいあっちにはいくな。おまえまでいじめられてしまう。わたしが、もっとつよければ。おまえをまもってあげられるのに。もっと、つよかったらっ……。
また、なにかがわたしのなかに、こもってるような…。
しょうじょ:なに?
るーしー:そ、そうだんがある。
しょうじょ:すごーい、いぬかってるんだ!
るーしー:しー!
しょうじょ:ああっ、ごめん、ともおたちにみつかったら、いじめられちゃうもんね。だいじょうぶだよ、あたしのきゅうしょくもわけてあげる。いつものこしてるしね。あー、かわいいー。
るーしー:このことは、だれにも。
しょうじょ:うん、だれにもいわないよ。あんしんして。
ともお:おーい、つのぉ。なまいきだなあ、おまえ。にんげんじゃねーくせに。
るーしー:おまえら!
いじめっこA:おおっと!
るーしー:はなせ!やめろ!
ともお:おまえがこんなにうろたえるところ、はじめてみたよ!
いじめっこB:おまえ、なきもわらいもしねえし、きみわりいんだよ!
ともお:なけよ、ないておねがいしてみろよ!でないと、おまえのかわりに いぬが いたいめにあうぞ。ぐっ…。こ、このお!おい!そのいぬ けっとばしちゃえよ!
るーしー:やめろ!
ともお:へっ、ちょくせついじめるより、こっちのほうがこうかあるじゃん!おさえつけてろよ。
るーしー:うそだ、こんなこと…。ど、どうして、どうして…。
しょうじょ:やめて!
ともお:なんだよ、おまえがおしえてくれたんだろ。
しょうじょ:だって、だって、こんなことするだなんて
しょうじょ:ごめんなさい、あたしがついしゃべっちゃったの。
いじめっこB:あーれ、うごかなくなっちゃったぞ。
ともお: はっは。はやすぎ。
るーしー:じぶんがふこうだから、じぶんより。ふこうなものが、ひつようなんだろ。にんげんじゃないのは、ひとじゃないのは、おまえらのほうだあああああ!
すまない、わたしのせいだ。 みんなとすこしちがうだけで、なぜこんなめにあわなきゃならない。どうして……。
ナレーション:回転をやめることなく、しかし、永遠に噛み合わぬ歯車。差し込めた一条の光すら、自らの闇の深さを強調したに過ぎなかった。その記憶は、少女にとって、何の意味をもたらしたのか。次回、エルフェンリート第9話、追憶。
なれーしょん:かいてんをやめることなく、しかし、えいえんにかみあわぬはぐるま。さしこめたいちじょうのひかりすら、みずからのやみのふかさをきょう ちょうしたにすぎなかった。そのきおくは、しょうじょにとって、なんのいみをもたらしたのか。じかい、えるふぇんりーとだいきゅうわ、ついおく。