単語や各種フレーズの利用されている場面を検索エンジンを利用して調べることができる。


Google検索


google.comを利用する

google.co.jp で検索した場合、検索結果に日本のサイトが優先して表示される。
英文検索には、google.comサイトを利用した方がよい。言語設定は英語にしておくべし。
google.co.jp サイトの "Go To Google.com"メニューから移動することもできる。

もしgoogle.co.jp をそのまま利用する場合でも、言語設定を英語(en)に変更しておこう。

検索のテクニック

  • *アスタリス
ワイルドカード
 "as * put it"

  • ""ダブルクオーテーション
フレーズそのまま
  • -マイナス
特定の単語やサイトの除外
 "get * of" -"get rid of"

  • +プラス
ストップワード/冠詞・前置詞・数字/も検索対象に
  • (A or B)もしくは(A|B)
 "as (he|she) put it"


本サイト(Anime Transcripts)の検索

Googleなどの外部検索エンジンを利用し、本サイト内のスクリプトを検索することもできます。
 "検索フレーズ" site:animetranscripts.wikispaces.com」

いちいち、「site:」でサイト名を指定するのが面倒な場合は、簡単な検索ページを作ってみるとよいでしょう。
例:

google book search を利用する

google book search を用例探しに利用することができる。
google book searchは小説の中身なんかも検索してくれるから、アニメのセリフで出てくるような会話調のものもばっちり探せる。
特に小説なんかはネイティブ著者のなおかつ売り物の文章ばかりだから、普通のgoogleよりずいぶん信頼性がある。