アニメ英語は、もごもごした発音が少ないだけで、他はナチュラルな英語。ネィティブにとって自然でなければならない。当然、音は変化し、音は消え、速度は速い。リラックスした発音が好まれる。(米国)口語は、音の変化が大きい。

    • 短い文が主体
    • Iやyouが主語となる文が多い
    • 不完全な文も存在、言い淀む
    • 直接的な意味をもたない、相手との関係を調整するフレーズが多い
  • 発音
    • 意味的に重要な語だけが、強くゆっくり発音される
  • 単語
    • 書き言葉とは、好まれて使われる単語や言い回しが異なる

アニメ英語には文化的背景の必要となる台詞は少なく、学習者にとってとっつきやすい。
一方、一般のドラマや映画では、聖書やシェークスピア作品、ことわざ、ドラマや映画の台詞からの引用や、米国社会の仕組みや慣習を前提知識とした台詞が多い。